札幌水道設備協会のブログ

札幌、近郊で水道修理や水廻りのリフォームを行っている水道業者です。 水もれ、つまり、水道凍結などトラブルに迅速対応します!

外の水道からの水漏れ

「水道料金が高くなって、水漏れしていると言われた」と
東区のお客様よりご連絡いただきました。
外にある水道(散水栓)が原因ではないか、とのこと。
お邪魔してみると、確かに散水栓の下から水が漏れて
地面が濡れています。

見ただけでは、何が原因かはわかりません。
このお宅は築40年ほどたっており、一度も散水栓を交換して
いないとのこと。老朽化による漏水かもしれません。
まずは掘ってみて原因を探ります。
IMG_2956                        
         
こちらが現状の散水栓。見えにくいですが横に水抜栓がついています。
IMG_2962







IMG_2964(2)














































掘ると水が湧き出てきて、奥が見えません。
さらに掘り進み、菅を取り外して調べてみると…      
IMG_2973                        
ありました!小さな小さな穴。
やはり管の老朽化が水漏れの原因でした。
新しい散水栓を繋ぎなおして、土を埋め戻して、作業終了です。
                                                                                                                           
IMG_2969


























水漏れの原因がわかり、お客様も安心したご様子でした。 

お庭の水道の水漏れ修理、器具交換は
札幌水道設備協会へ。
フリーダイヤル0120-258-087

水道検針時に水漏れを指摘されたら

2か月に一度の水道検針の際に、
「漏水があるので水道業者にみてもらってください」と
言われたお客様よりご依頼がありました。

指摘された漏水の場所は、水抜栓という元栓のところ。
ここからシューシュー音が聞こえるとのことでした。

修理は、水抜栓自体が老朽化してダメになっていなければ
内部部品「ピストン」の交換でおさまる場合が多いです。
今回もピストン交換をして様子をみたところ、水漏れがおさまりました。
写真が、古いピストンと新しいピストンを並べたところです。
IMG_1754

ところで、漏水があるということは、水道代も高くなっているということ。
たいがい数千円~ひどい場合はもっと高くなっていることがあります。
でも水道業者が水道局に工事の証明書を出すことで、
増えた分が減免される場合がありますのでその場合はこちらで手続きします。

水抜栓は不凍栓とも言われ、水道凍結の防止になくてはならないもの。
もし異常を感じたら、早めに対応しましょう。

漏水の修理は、
札幌水道設備協会へ!
フリーダイヤル0120-258-087

トイレリフォーム

1か月前より準備を進めていました東区K様宅の
トイレリフォームが終了いたしました。

実際にショールームを見に行き、
「こんな風にしたい」というご希望を話してくださったお客様。
でも、現状のトイレのスペースは狭いため、
ショールームのようにはなりません。
そこで何度も打ち合わせを重ねながら、
ご満足いただけるプランを組み立てました。

そしてリフォーム完了!
そのビフォーアフターをご覧ください。
beforeafterタンクレストイレで、すっきりとした空間に。
手洗いなしのカウンターにしたいということで
造作もプランニングいたしました。
窓も新しいものに交換して、まるごと一新です。

トイレは毎日使う場所だからこそ、
満足ゆくリフォームをしたいもの。
「こんな風にしたいけど、うちでは無理かな?」と
思っている方、ぜひ一度当社にご相談ください!

水回りのリフォームは
札幌水道設備協会へ!
0120-258-087
プロフィール

primo

札幌、近郊をエリアに水道修理や水廻りのリフォームを承る水道設備業者です。
水漏れ、つまり、冬季の水道凍結など
水廻りに関するトラブルに迅速対応!
ぜひホームページもご覧ください。

https://www.sapporo-suido.net/

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: