札幌水道設備協会のブログ

札幌、近郊で水道修理や水廻りのリフォームを行っている水道業者です。 水もれ、つまり、水道凍結などトラブルに迅速対応します!

水道修理

水道修理のご依頼について

わが社は水道修理のご依頼を
フリーダイヤルにてお請けしています。

その手順についてお話いたします。

(1)お客様が札幌水道設備協会に電話 
    ↓ 
 フリーダイヤル 0120-258-087
  
 まずお困りの状況についてお話を伺います。
 わかる限りでお話いただければあとは現場で確認します。
 見てみないとわからない事が多いので、
 まずは伺ってお見積りをさせていただきます。

(2)修理の訪問について打ち合わせ

 お伺いする時間について、お客様と電話にて
 打ち合わせさせていただきます。
 急を要する場合にはできるだけ早く伺えるよう努力いたします。

(3)住所等を伺い、訪問へ

 問題発生の現場を確認して、作業にとりかかります。
 部品の交換等が必要になる場合もありますので、
 その時はまたお知らせします。

[ 料金について ]

ひとくちに水道修理といっても、
そのお宅によって設備の状況はそれぞれ違うもの。
そんな設備上の違いや問題発生の状況、所要時間によっても
料金は異なってきます。ですから、修理代金が一概にいくらとは
電話では回答できないことが多いです。
お電話で金額を言う場合には、だいたいの金額だということを
どうぞご了承ください。
まずはプロの目で見て、判断することが最も大事。
当社は良心的な値段で、少しでも早くトラブルを解決できるよう
務めています。

毎日使う水廻りだからこそ、
適切な修理をして長く使えるようにしたいですね。
そのお宅に応じて、担当員がアドバイスさせていただきますので
どうぞお気軽にお電話ください!

お電話は、年中無休で承っています!


水道修理、排水つまり、水道凍結は
札幌水道設備協会

カフェのようなトイレ

トイレ改修


北区S様よりご依頼いただいていた
トイレの改修工事が完了しました!
まるでカフェのトイレのような、
お洒落な空間に仕上がっています

お客様自身が内装の仕事をされていたため、
ご自分で壁や床を貼り、「こういう風にしたい」という
ご希望を受けてプランニングした共同作業でした。

手洗いカウンターを奥に設置するのは、目からウロコの発想。
トイレの幅が狭くて手洗い設置が難しい…という方には
とても参考になるのではないでしょうか。

スペースが小さい、または幅が狭い等の問題があってお悩みの方、
また「こんな空間にしたい!」と夢を抱いてる方。
ぜひ一度ご相談ください!
後々の修理やメンテナンスのしやすさを考慮した、
水道屋さんならではの視点でアドバイスいたします。

トイレのリフォームは
札幌水道設備協会へ!
0120-258-087

水道代いくら?

ある日のこと。
水道料金の話題が出たとき、それぞれの家であまりに金額が違っていて
驚いたことがありました。
もちろん、水道料金は住んでいる家族の人数によっても違ってきますが
同じ4人家族でも全然違っていたのです!

水道料金が多かった家の特徴としては
・お風呂はそれぞれシャワーで済ませる
・トイレが古く、大量の水が流れる
が主に違っていた気がします。
ちなみに湯舟にお湯をため、そのお湯を使っている家の水道料金は少なく
改めて「水の使い方」というものについて考えさせられました。
北海道で、一人が一日に使う水の量は262リットル、
ペットボトル131本分というデータがあります。
その6割がお風呂とトイレなのだそうです。

近頃は水回りの設備も節水型が増え、
節水シャワーヘッドや節水型の台所混合栓などもあれこれ。
トイレなどは交換すると目に見えて水道代が違ってきます。
家族が多い家なら、その効果をさらに実感できることでしょう。

そろそろ水回りの器具が古くなってきた、という方。
これを機会にエコな設備への交換を検討してはいかがでしょうか?
プロの視点からアドバイスいたしますので、ぜひご相談ください!

暮らしのエコリフォームは、
札幌水道設備協会へ。
フリーダイヤル0120-258-087

9f73cf3dd677c207be5be2c21e8225ab_s

外の水道からの水漏れ

「水道料金が高くなって、水漏れしていると言われた」と
東区のお客様よりご連絡いただきました。
外にある水道(散水栓)が原因ではないか、とのこと。
お邪魔してみると、確かに散水栓の下から水が漏れて
地面が濡れています。

見ただけでは、何が原因かはわかりません。
このお宅は築40年ほどたっており、一度も散水栓を交換して
いないとのこと。老朽化による漏水かもしれません。
まずは掘ってみて原因を探ります。
IMG_2956                        
         
こちらが現状の散水栓。見えにくいですが横に水抜栓がついています。
IMG_2962







IMG_2964(2)














































掘ると水が湧き出てきて、奥が見えません。
さらに掘り進み、菅を取り外して調べてみると…      
IMG_2973                        
ありました!小さな小さな穴。
やはり管の老朽化が水漏れの原因でした。
新しい散水栓を繋ぎなおして、土を埋め戻して、作業終了です。
                                                                                                                           
IMG_2969


























水漏れの原因がわかり、お客様も安心したご様子でした。 

お庭の水道の水漏れ修理、器具交換は
札幌水道設備協会へ。
フリーダイヤル0120-258-087
プロフィール

primo

札幌、近郊をエリアに水道修理や水廻りのリフォームを承る水道設備業者です。
水漏れ、つまり、冬季の水道凍結など
水廻りに関するトラブルに迅速対応!
ぜひホームページもご覧ください。

https://www.sapporo-suido.net/

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: